FXを続けられるような資金管理を

 

 

値幅をもとにした予測が外れて、負けることもあるかもしれません。あるいは、転換点だと思ってエントリーしても、毎回勝てるわけではありません。FXを続けている限り、勝てないことは必ずあります。負けを悔やんでも仕方ありません。

もっと辛いのは、負けることさえできない、つまりFXを続けられなくなることです。どういったときにFXが続けられなくなるのか。答えはとてもシンプルで、資金がなくなったときです。FXは最終的に確率の問題となります。

1回の勝負で勝った、負けたという世界ではありません。確率が5割を超えているのなら、最初に4連敗5連敗することがあっても、取引を100周、200回と続けていければ、勝敗は確率の示す範囲に近づいていき、勝率が5割超なら未終的には勝つことができるはずです。

ですから、皆さんがFXで取引するときには「いかにFXを続けるか」、言い換えれば「資金をどう守るか」を最優先してください。

FXをやる資格のない人、それは損をしたあとになってから「こんななはずじゃなかったのに…」とぽやく人です。そうぼやく人は勝つこと、儲けることだけを考えてしまって、勝てないこと、損することが想像できていないから、ぼやく羽目になってしまうわけです。

 

 

FXでは損失が不可避であり、損失、敗北を前掟にして行うのがFXです。ところが意外に多くの人が負けのケースにりいては目を閉ざし、耳をふさいでしまいます。

取引を始める前には必ず「この取引でいくら損をしてもいいのか」とイメージして、損切りのポイントが遠いのであれば取引数量を減らすなどして、負けてもFXが続けられるように資金を管理してください。損失を最初に考えることは、ネガティブなことではありません。

とても大切な、FXで勝つために避けて通れない道なのです。「FXを続けられるような資金管理を」。これをまずは胸に刻んでおきましょう。

ところが、いくらこうしたことを口酸っぱく伝えても、実際に取引を始めてみると難しいというのも現実です。「3万円の損失になったら撤退する」とルールを決めておいても、いざ損失が3万円になると「あと5000円分だけ耐えてみようか」とルールを曲げてしまう人は少なくありません。あるいは現実逃避してしまう人もいます。損切りポイントが近づくと、「ちょっとトイレで考えてくる」と言って目の前の現実から目をそらしてしまうのです。

 

 

負けるのは誰にとっても辛いことですが、損失を過度に恐れることはありません。きちんと資金管理を行って、合理的な判断にもとづいて取引していれば、FXを続けている限り最終的には利益を得られるはずです。「FXでは一時的に勝てないこともあるのだ」という前掟で取引していきましょう。

また、そもそもどのくらいの元手でFXを始めるか、ですが、これについては「失っても生活に困らない程度の金額」が目安です。「これをなくしたら夕食を抜かなきゃ」「家賃が滞納になってしまう」といった金額は明らかにリスクをとりすぎです。

例えは悪いですが、皆さんがギャンブルをやるとき、「これをなくしたら夕食抜きになる」というお金を注ぎ込むでしょうか。失う可能性があるという意味ではギヤンプルもFXも同様ですから、そこまでのリスクをとるのは、やりすぎなのは言うまでもありません。

勝つ人・勝てない人を分ける、一番の違いは、繰り返しになりますが「感性」の差です。それに付け加えるとすれば、資金管理でしょう。私の周りにも「こいつはトレードの天才なんじゃないか」と思わせる、才能あふれるディーラーはたくさんいました。しかし、その「天才」たちの多くはいつしか為替の世界から去っていきました。なぜ「天才」たちは生き残れなかったのか。

 

 

皆さんにも訪れるかもしれません、「取引すればするほど利益が増えていく」という状況が。そんなとき「なんでこんなに儲かるんだろうか。何かがおかしいはずだ」と思えるか、「自分は天才なんだ」とうぬぼれるか、それは大きな分水嶺となります。

そこで天才だとうぬぼれる人は無理な勝負をしてしまったり、うまくいかなかったときに意地になってしまったりして、ほぼ必ず有り金をすべて失って去っていきます。残念ながら私の部下にもそうした人間がいました。「何かがおかしい」と思えるのも大切な感性です。

為替の世界にも、ごくごく一握りですが天才はたしかにいます。しかし、それは何百万人という野球人口の中でイチローほどの存在がただ一人であるのと同じで、非常に限られた存在です。

皆さんはおそらくイチローではありません。これから努力してもイチローにはなれないでしょう。でも、イチローのような超一流を目指す必要はないのです。

皆さんは超一流にはなれなくとも、一流にはなれます。一流のトレーダーであれば、きっと皆さんがFXで目指す目標は達成できるでしょう。一流になるための方法論に特別な教えはありません。ここまでに紹介したような基本を徹底する、それが一流への最短ルートなのです。