資産保全をまず最優先に考える

最適なポジションはどのくらいがいいのか、レバレッジは何倍くらいが適切なのだろうかと、特にFX初心者の方は悩んでいると思います。ここでは、適切な取引金額とレバレッジの考え方を紹介します。

FX初心者の方に多いのは、口座資産に対して、何も考えずに必要以上のリスク(1回の取引損失が大きい)をとってしまい、勝てないときが続き、口座の資金を破綻させてしまうことです。

これは1回の取引金額が大きい(レバレッジが高い)ために、予測と逆にいった場合の損切り額が大きいか、もしくは取引金額は大きくないけれど損切りが遅いため、結局1回の損失額が大きくなるかのどちらかだと思われます。口座の手持ち資金を簡単に吹き飛ばしたら、そのあとはもう何もできません。これが虎の子資金であれば大変なこと。たとえ勝てない取引が続いたとしても、口座残高が耐えきれる取引手法を考えなければいけません。

それには、1回の取引の最大損失額を口座資産の2%以下となるようにコントロールすることが大事です。FX初心者の方は、1回の最大損失額を1%に抑えたほうがいいでしょう。

たとえば口座資金が100万円の場合、1回の最大損失額は1万円となります。勝率が40%として、100回の取引で60連敗したとしても、1回の取引の最大損失額を1%の1万円に抑えていれば、40万円が手元に残る計算です。

60連敗は想定しづらいと思いますが、10連敗や20連敗は、現実味を帯びてきます。万が一、10回も20回も勝てないときが続いても、口座が破綻するようなことがないようにしなければなりません。先ほどの例で、1回の取引損失が口座資金の5%の5万円だったら、20連敗で口座資金は吹き飛んでしまいます。1回の適切な取引金額は、資産保全をまず最優先に考えて決定します。