勝てないFXにはシンプルさで

最近はインターネット上でさまざまなFX売買シグナルや自動売買システムなどが販売されているようですが、なかには「00理論を駆使した…」「高度な数式から算出される…」などといった、かなり難解そうなものも見かけます。いわゆる情報商材にこの事のものが多いようです。

このようなものが儲からないと断言することはできませんが、本当に儲かったという詰もあまり耳にしません。また「難解であればあるほど」何だかとても儲かるような気がしてしまうものです。しかし、それが落とし穴なのです。

プロも難解なFX売買シグナルを使っているわけではく、むしろ、誰もが知っているようなシンプルなツールを愛用しているという話を多く聞きます。そしてこれはシグナルのロジックにも当てはまります。難解なことをアピールポイントにしているシグナルは、答えも難解。一概には言えませんが、バックテスト上で、ある一定期間のみ凄まじいパフォーマンスが出るよう、調整されている可能性も否めません。

 

 

対してシンプルなFX売買シグナルは、それだけ長い間多くの人たちに愛用されただけに信頼性があるほか、相場の変化の柔軟性もあり、長期的に有効であることが多いのです。FX売買シグナルは難解である必要はありません。シンプルなツールをお勧めします。

またFXの売買シグナルや自動売買システムなどは、まれに雑誌などでも紹介されていることもありますが、雑誌に掲載されているからと言って、容易に借用せず、管轄官庁の登録の有無、サポート体制はしっかりしているか、シグナルの定期的な見直しが行われているかなどといった点に注意したほうがいいでしょう。