ロンドンFixは思わぬ上下変動をする

世界中のファンドマネージャーたちがいろいろな思惑がある中、いろいろな通貨ペアでロンドン時間の16時に向けて為替取引を実行します。

また、その取引情報を持っているロンドン市場の銀行勢も、同じ方向性で同じような取引をしますので、よけい値動きに拍車がかかります。よって、日によっては大量の為替取引が瞬時に行われるため、16時直前から不穏な動きとなり、思わぬ上下変動が見られることもよくあります。

一般的に、ロンドンFixは外貨買いの動きになりやすい傾向があります。日本から見れば、ドル/円といったクロス円が円安になるケースが多くなります。なぜなら、グローバルに見て日本株式や債券は、バブル崩壊後の一貫した日本株の下落傾向および

歴史的な円の低金利政策よって、ほかの国の資産と比較して魅力がなくなっているため、円を買う海外のファンドマネージャーのほうが円を元手に外貨を買う日本のファンドマネージャーよりも少ないからです。

 

 

このロンドンFixのタイミングをとらえて、レバレッジを上げFXの超短期売買むする個人投資家も多く、通常ロンドン16時の1~2分前からドル円、クロス円で買いポジションをつくり、ロンドンFixの時間帯で売りさばくような動きもよく見られます。

ただ、日本から見れば外貨買いですが、海外の機関投資家が日本の債券・株式を買う場合は「自国通貨売り・円買い」となります。日によっては、ロンドン16時が近づくにつれ円が買われて逆にドル円、クロス円が落ちていくケースもありますので注意が必要です。

また月末のロンドンFixは要注意です。グローバルに機関投資家は、月末にリバランスと言って、ポートフォリオの組み入れ比率を調整します。日本のファンドマネージャーも同様で、外貨資産がふくらんだ部分は円に戻す動きをします。

よって勝てないFXにならないように、通貨ペア次第では外貨売りの動きも多くなりますので、月末のロンドンFixだけは、外貨買いと決めつけて取引するのはやめたほうが懸命です。