FXのデモ取引は6ヶ月ほど経験しよう

初めての方も、FXに勝てない、ともう一度挑戦しようとしている方も、FXを始めるにあたってのステップを、ここで改めて確認しておきましょう。

FXを取り巻く環境、市場参加者、取り扱い高、流動性などを把握し、分散投資による取引手法や自己管理術をまず理解する、ということはおわかりいただいていると思います。

次のステップは、2~3牡のFX会社でデモ取引口座を開没し、デモ取引を6カ月ほど経験することをお勧めします。「6カ月もデモトレードをするの!」と、気が遠くなる方もいるかもしれません。しかし、いきなりリアル口座で取引を始めると、途端に取り返しがつかなくなるほど負けてしまい、嫌気がさしてFXから離れてしまうかもしれません。

また取引画面の使い勝手がわからず、もたもたしているうちに、目の前のチャンスだけが逃げていってしまうこともあるでしょう。絶対収益を狙って勝つには、それなりの練習は不可欠です。

また、FX会社によって商品性、使い勝手が違いますので1社だけに傾注することは避け、デモの段階から比較検討したほうがいいでしょう。