損切りレートは変えないほうがいい

FXの取引をして予測が当たり、利益が乗ってくれば利食いの戦略になりますが、たまたま運悪く利食い水準に適せず、損益分岐点(取引参入レート)を割ったとしても、揖切りレートは、当初の水準からなるべく変えないことです。

ふたたび思惑どおりの展開になることを期待して、いまのポジションを決済せずに生かしておこうと損切りレートを変えてしまうと、FXに勝てない時が増えていき、そのうちどうすることもできなくなり、最後には強制決済となることもあります。損失額は、最初に決めた最大損失額と同じであるように心がけることです。そうでなければ、リスク管理をしているとは言えないのです。

もし損切りとなった場合は、また気を取り直して、次の取引を考えましょう。

ただし、ポジション量を上乗せした場合は、上乗せしたレートをベースに全ポジションの損切りレートを考えてください。この場合は最終的に利食いになると思われますので、損失額とは関係ありません。

利益が増えれば、口座資金も増加し、1回の取引金額・最大損失額もおのずと増えていくのです。